読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐみぐみぱーりー【グミブログ】

毎日グミを食べ続けています。

189日目 カッチェス サワーブラックカラント (200g)

今日のグミ

今日のグミ

今日はサワーブラックカラントグミを食べます。

パッケージがいかにも「外国のグミ!!」という感じです。 

 

f:id:kurometi:20170317195524j:plain

 

商品名:カッチェス サワーブラックカラント ( 200g )

内容量:200g

輸入者:ウイングエース株式会社

原産国:ドイツ

 

f:id:kurometi:20170317195546j:plain

お皿いっぱいになるほど入っています。数え切れない。

 

もっちりとした食感に酸味が広がり、ラズベリーみたいです。

 

ブラックカラントってなんだろう?

「ブラックカラント」という謎の果物の味ですが、調べてみると「クロスグリ」または「カシス」と呼ばれています。

Wikiを読んでいる途中で「これってカシオレのやつじゃん!」と一気に親近感がわきました。

言われるとたしかにカシスオレンジのような味がします。

参考:クロスグリ - Wikipedia

 

 

さらにこのグミを輸入しているウイングエース株式会社の商品紹介によると

ブラックカラントの果肉を使用し、ほどよく砂糖をふりかけたフルーツグミです。
カッチェス社の製品は、本物の果肉や果汁が、そしてナチュラル香料が使用され、合成着色料は一切使用しておりません。

引用:カッチェス 商品情報|ウイングエース株式会社

 

本物の果肉や果汁が使われているそうです。

たしかに原材料名にもブラックカラントとあります。

他のグミでは〇〇〇濃縮果汁という場合が多いですが果肉まで入っているのレアです。

カシスってカシスオレンジでしか出会ったことがないので、実際に食べてみることができてよかったです。

 

さらに外国のお菓子というと舌まで真っ青になるほど強烈な着色料が使われているイメージがあります。

実際子供の頃は友達同士お互いの舌を見せ合って騒いでいました。

でもこのグミは合成着色料が使用されていないので健康に嬉しいです。

 

これはドイツのグミなんですが、ドイツといえばハリボーが有名です。 

www.gummiblog.com

 

外国のグミは量が多いので、ジップロック的なものをつけてほしいです。

 

原材料や気になるカロリーなど

●原材料名

砂糖、ブドウ糖シラップ、ゼラチン、ブラックカラント、デンプン、植物油脂/酸味料、香料、炭酸カルシウム

 

●栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー:319kcal

たんぱく質:5.4g

脂質:0.2g

炭水化物:72g

食塩相当量:0.1mg

 

まとめ

一袋200gあたり738kcalは強烈! 

 

カッチェス サワーブラックカラント 200g

カッチェス サワーブラックカラント 200g

 

 

広告