読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐみぐみぱーりー【グミブログ】

毎日グミを食べ続けています。

キレイになりたい女子は全員、果汁グミを2つ食え!と言いたかった


 はじめに

実は初め「キレイになりたい女子は全員、果汁グミを2つ食え!」というタイトルでした。

しかし書いている途中からだんだん違うんじゃないかと思い始めてきました。

そこまで断言はできないと。

 

「果汁グミを食べるべき5つの理由」にタイトルに変更してマイルドな内容に変えようと思ったのですが、僕が「キレイになりたい女子は全員、果汁グミを2つ食え!」という説を唱えた過程と、ここがおかしいんじゃないかということをそのまま書いた方が面白いのかなと思いました。

 

ぶっちゃけ気になった部分は細かいところなので無理やり押し通すことはできたのですが、気持ち悪かったので正直に「と言いたかった」を付け加え、同時に反論してみようと思います。

 

今回は「キレイになりたい女子は全員、果汁グミを2つ食え!」という話。

次回はここが違うんじゃないかと疑問に思った点で反論します。

 

広告

 

 

目次

 

 キレイになりたい女子は果汁グミを食べるべき理由

コラーゲンはお肌に大切です。

フカヒレを食べた翌日のお肌がプルプルになる。とよく聞きますよね。

でもそれって一時的なもので1週間も経てば元に戻ってしまいます。

コラーゲンは毎日食べないと効果が現れないのです。

といわれてもフカヒレを毎日食べるのは無理ですよね。

しかも結構な量を食べないといけないので普段の食生活から補うのは難しいです。

そこでコラーゲンのサプリメントを飲んだほうがいいですよ!という流れになりますが、サプリはハードルと価格が高いので、まずはお菓子から摂れれば気軽に続けやすいと考えました。 

 

 いきなり結論

『果汁グミを毎日2袋食べましょう』

僕なりに考えた結果、手ごろな価格(100円以下)で美味しい果汁グミなら毎日2袋でも食べられるし、これは理論的にコラーゲンの効果の出る基準値を満たします。

 

 コラーゲンって食べて効果あるの?

こんなこと聞いたことありませんか?

「豚肉を食べたからといって体の一部が豚肉にならないよね。

つまりコラーゲンもたんぱく質だから、消化されてバラバラになるんだよ。

だからせっかく頑張って食べてもムダだよ。」みたいな話。

 

理論的には間違ってないですよね。

僕も今まではこの説明を信じていていました。

この説を勝手に「コラーゲン不要論」と名づけます。

 

  コラーゲン不要論

さらにコラーゲン不要論に拍車をかける事実があります。

コラーゲンを栄養学的に見るとめちゃめちゃ栄養価が低いんです。

  1. アミノ酸スコアがゼロ。
  2. アミノ酸のバランスが悪い。

栄養価が高いたんぱく質というのは必須アミノ酸がすべて含まれています。

必須アミノ酸とは人間が体内で合成できないアミノ酸です。

つまり食事から摂らないといけません。

しかしコラーゲンには必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンが欠けています。

これがアミノ酸スコアがゼロとなっている原因です。

 

アミノ酸スコアとは一番少ない必須アミノ酸の値と基準値とで比較して求める数値です。

ちなみに良質なたんぱく質として有名な鶏肉や豚肉、牛肉、卵などのアミノ酸スコアは100です。

 

 つまり:コラーゲンって消化されてバラバラなるうえに原料としてもダメ。 

 

 コラーゲンの逆転劇

2009年ぐらいまでは「コラーゲン不要論」が主流だったのですが、最近ではコラーゲンペプチドがコラーゲンの合成を促進するということがわかっています。

 

消化されてバラバラにされるコラーゲンですが、一部は完全に分解されずコラーゲンペプチドという物質のまま血液に乗り全身に運ばれます。

このコラーゲンペプチドが重要な役割を果たします。

といってもコラーゲンの材料になるのではありません。

血液の流れに乗って細胞ひとつひとつまでいきわたり、細胞に働きかけコラーゲン合成を促進させます!

 

つまり:コラーゲンは原料にならずコラーゲン合成の指令を出す。

 

 問題は量

「コラーゲンを食べると合成が促進される」ことで重要なのが量です。

タイトルにある、「果汁グミを2つ食え」って2粒じゃなくて2袋なの、こんなに食べるの!」と思った方がいると思います。

※美味しいので簡単に食べられます。

 

科学的にコラーゲンの効果が認められる量は5000mg~10000gです。

  • 5000mg:肌にプラスの効果あり
  • 10000mg:関節にプラスの効果あり

という結果が実験から明らかになっています。

 

 5000mgのコラーゲンを取る方法を考えた

結構コラーゲンを食べるのって大変なので気軽に食べられるお菓子から補えたらいいですよね。

 

一番のオススメは果汁グミです。

チョイスした理由は5つあります。

  • 安い
  • 美味しい
  • コラーゲンの量が多い
  • どこでも売っている
  • いくつか種類がある

コラーゲンって継続的に摂取することが大事なんです。

コラーゲンは吸収された後、コラーゲンペプチドに分解されて血液に乗り、体中に運ばれてコラーゲン合成の指令を出します。

この効果は1日程度で消えてしまうと考えられています。

つまり繰り返しますが継続的に摂取することが大事なんです。

そのためには続けやすさが重要です。

果汁グミはスーパーやコンビニに絶対置いてあるので気軽に食べられます。

 

 2袋食べる理由 

コラーゲンを一日に5000mg摂りたいです。

そのためには果汁グミのコラーゲン2700mg×2袋=5400mg必要という計算です。

 

気になるカロリーは168kcal×2袋=334kcal

思ったより低くないですか。

 

果汁グミのほかにもコラーゲンの多く入ったグミがあるので5000mgを目安にカスタマイズOK!

 

 再び結論

キレイになりたいなら果汁グミを毎日2袋食べよう。

明治 果汁グミぶどう 51g×10袋 明治 果汁グミ温州みかん 51g×10袋 明治  果汁グミパイン  47g×10袋 明治 果汁グミいちご 51g×10袋

 

これ↓なら1袋でOKです。

明治 果汁グミコラーゲンざくろ 81g×6袋

 

スポンサーリンク

 

 反論あり

自分で唱えた「果汁グミを2つ食えばキレイになれる説」なんですが、次の記事で反論していきたいと思います

説明が不慣れで長くなってしまったので分けることにしました。

 

参考文献

コラーゲン完全バイブル

 

広告